表情筋の損失

医者と看護師

美容整形に対する依存

現代の美容整形はメスを使用せず、注射や点滴で済むような簡単でリーズナブルなものもあります。安定した価格で効果が期待できる美容整形には「ボトックス注射」というものがあります。アメリカや韓国、そして日本でも人気の整形の一種です。ボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出した成分を皮膚の浅い部分や表情筋に注射することで効果を発揮します。主にシワの改善やエラの抑制、脚痩せ等に使用されています。ボトックス注射は文字通り、注射を用いて行う整形になるので、準備から手術を含めてもほんの数十分で完了します。お昼休みや仕事帰りにも行える手軽ぶりに、連日予約が途絶えないことも。お手軽でリーズナブルな一方、副作用が発生することもあるのでしっかりと理解して行う事が大事です。

依存しすぎると副作用のリスクが高まる!

「過ぎたるは及ばざるが如し」ということわざがあるように、何事も適量がよくそれはボトックス注射にもいえることです。ボトックス注射はメスを使用しないので、他の手術よりも副作用の心配(リスク)は低いと言えます。しかし、それは全くないとは別の話です。元々体内にない物質を注射することになるので、少なからず腫れや痛みといった副作用も発生します。しかし、これらは時間の経過と共にひくため大きな心配はありません。ボトックス注射で気をつけるべきは「依存」です。ボトックス事態、徐々に体に吸収されるため効果が薄れると再度注射する必要があります。しかし、注射する頻度を多くしたり、間隔を短くすると表情がこわばり不自然な印象になってしまいます。副作用がゼロではないボトックス注射ですが、実績がしっかりしている医師またはクリニックであれば、リスクを回避し手術を行えるはずです。

Copyright© 2019 ボトックスに副作用はあるの?リスクを回避する方法について All Rights Reserved.