信頼できるクリニック探し

注射器

副作用を回避して整形を受けるには?

「整形で失敗したくない!」誰しもがこう考えるはずです。また、多くの方は整形に副作用があることよりも整形後の「理想の自分」をイメージすることに専念します。また、整形の副作用は大掛かりなものに起こると考えていますが、ボトックス注射のような簡単なものでも起きることを知っておくべきでしょう。ボトックス注射は近年一般にも浸透している整形の1つですが、残念ながら経験と知識の少ない医師によって失敗例も報告されています。ボトックス注射の副作用は、「表情筋のこわばり」「スポック・ブロー」「口角の固まり」などがあります。ボトックス注射の効果を誤認し、過度に注射したことによってこれらの副作用が生じてしまうのです。副作用を起こさずに効果的に整形を行うにはどのような注意が必要なのでしょうか?

担当医が直接手術に出頭

ボトックス注射を担当医が注射してくれるかどうか、このポイントは術後の完成を大きく左右するでしょう。また、ボトックス注射の権威には「ボトックス注入指導医」というものが与えられています。安心して手術するならこの称号を持つクリニックを探すことから始めても良いでしょう。それが難しい場合、カウンセリングの丁寧さを軸に選んでみても良いでしょう。カウンセリングで患者の要望をしっかりとヒアリングし、最適な手術を提案してくれる医師であれば信用に値します。可能であれば、どのような製品や機材を使用するのか確認しておくとよいでしょう。高品質な製品や薬剤、機材を使用しているならまずもって副作用のリスクは少ないと考えられます。

副作用のリスクを回避!

整形を行う前に重要なのは、担当医の実績を確認することです。過去の実績を調べることで、医師の技術がどれほどのものかある程度把握することができますし、自分のイメージする結果に導いてくれるのか判断できます。また、過去の事例が写真で紹介されている場合、術前と術後の違いを確認し副作用が生じていないか比較してみましょう。ボトックス注射1つでも間違った打ち方で、表情筋の崩壊に繋がりかねません。しっかりと経験をつみ正しい知識がある医師なのかどうか、カウンセリングを通ししっかりと見極めましょう。

Copyright© 2019 ボトックスに副作用はあるの?リスクを回避する方法について All Rights Reserved.